2013.06.20 Thursday
桑の木、桑の実。



庭で1番大きく葉を広げている背高のっぽの樹。
引っ越して来た当初は何の樹だろうと思っていたけれど、
親切なお隣さんによって、「桑の樹」であることが判明。
そうか、たしかにここは桑の園、と書く「桑園(そうえん)」という地域名だった!
なんでも、開拓時代に庄内藩士族156名の方たちが、
桑苗4万株を植裁したのだそうで。
桑を育てる=蚕を育てて糸を紡いでいたのだろうと想像します。
その名残で縫製工場やアパレルの会社がそこここにあるのかな。

北海道って歴史を遡っても、140年そこそこの新しい土地なので、
だいたいは全国のいろんな土地の人々によって開かれていったわけで、
実は我ら道民の祖先は元を辿るとだいたい道外にあったりします。
だから、故郷、地元とは呼びつつも、この土地から生えてきたぞ、、という
土地との深いつながりを重んじる価値観は実はほとんど無く、
ニューランドをシェアさせてもらってます、、とでも言ったらいいか、
みんなでこの広大な新しい土地に乗っかって生きている、
仮住まいしてる、という気分がずっとあります。
1度外に出て、戻って来たから、の感覚でしょうか。
1本の樹から、ずいぶんと話大きくなってますが。

本来、誰のものでもない土地だった、、と考えると、
「土地所有」とか「賃貸」っていう制度って一体なんなのだろうなー。
先に来た人が適当に決めて、誰かの都合で適当に分割していったんじゃないのー
と思うにつけ、何かをがっつりねっちり所有しようという意欲は低下していく。
今目の前に、できることがあって、交換したりできて、
そのへんのものとか借りた土地で何かを育てて食べられたらじゅうぶんという気も。
荷物も心も軽く軽く。
なんでもかんでも所有しよう、なんて気持ちは持たずに、
人のつながりと身の周りにあるものでどうにかこうにかやっていく智恵を身につけて、
いつでもどこへでも旅立てるようでありたいなあ、とも思う。









2013.05.03 Friday
雨ちゃん


ごぶさたしています。
いったい、いつぶりの更新か。

GWのエゾは雨。あーあ。
しかし、家の中でねっちりもっさりしていても仕方ない、
子連れは外だ!と郊外にある、さとらんどという施設へ。
ロケーションはモエレ沼公園(イサムノグチがグランドデザインしたあれですよ)の真横!
埋め立てた沼地とタマネギ畑の中のなかにぽっかりとある穴場スポット。
都市と農業をつなぐ、田園テーマパーク、なんだそうで。
基本的に晴れた日に来るのが一般的なのでしょう、ほぼ貸し切り状態でした。
広大すぎる駐車場にはdrop家の車だけがぽつねん、と。

しかし、階段が好きな娘は雨にも臆せずラベンダー畑の階段を
もくもくと上り下りし、好物のおにぎりと具沢山のみそ汁を平らげ、
これまた大好きなSLバスという乗り物に乗ってご満悦。
子どもにとっては、雨は天敵ではないのかな。
晴れは晴れの楽しみを、雨には雨の楽しみを、ってところでしょうか。
なんだかんだと、娘のテンションに巻き込まれ、
親のほうも新鮮野菜や畑用の苗もの、種芋などを手に入れられて結果満足な休日でした。

うーん、しかし。
今年のエゾのこの寒さ、この雨続き、
今年はいったいいつ畑をはじめられるのやら。




2013.03.30 Saturday
春じたく。







今年のエゾは、ほんとうにほんとうに冬が長い。
冬が終わる気がしない、、。
3月下旬現在ですら、
春って、やってくるのかしら、という疑いの気持ちでいっぱい。
せっかく、美しい自然と適度な都会を絶妙に持ち合わせている、
この街の良さまで、ちょっと忘れそうです。
なので、去年の夏の写真等を見て「春は来るはずだ!」と自分たちを励ます。
(我ながら、そこまでしているのがかわいそうにもなってきますが)

ちなみに我が家は海派でも山派でもなく、みずうみ派です。
北海道にはみずうみが多いのです。それもこの土地のすきなポイント。
北海道の春は、美しい。夏はもっともっと美しい。
秋は秋の色の美しさも。もちろん冬も綺麗だけれど(さすがに飽きました)。
長いこと冬に閉じ込められるからこそ、光に溢れる季節が恋しくなるのだなあ。

道産子の「何が何でも夏を謳歌してやる」という気合いというのか、
夏を楽しみ切るための計画性をすごい県民性だ!と他人事のように思ってきたけれど、
久しぶりに、北国ならではの冬の長さを経験すると、わかる〜!!!と思うことしきり。
ここまで冬が長いと、冬以外を目一杯楽しむことに真剣になろうというものです。
かくいう我が家も、春夏秋の季節をたっぷり楽しむべく、
遅ればせながら「春したく」をはじめています。むふふ。

目の前に広がる景色も暮らしも楽しみたいし、
旅にもどんどん出たい。
切り取る「目」が違えば、見える世界もきっと違う。
春にそなえて、冬に閉じ込められていた「目」もキュキュキュと磨き中です。
2013.03.15 Friday
いまさら、の。


長いこと、ものすご〜く古い携帯を意地で使ってきたのだが、
さすがにへっぽこぶりが半端なく
google mapすらまともに起動しない携帯を出張時とか緊急時にも
イライラ使い続けなくてはいけないってもう無理!と思い立ち、
iphone4Sに機種変更完了。
5はまだいいや、ということで1こ前です。

PCを持ちはじめた10年以上前からアップルヘビーユーザーだったので、
みんながこぞってiphoneに代替えしはじめた時にも
「わしも変えようかしら」と一度は思った。が、踏みとどまった。
何故ならば、愛猫を飼っていたから。
そして、猫が去った(死んだ)あと、妊娠したから。
これ以上大量の電磁波を浴びたくなかった&浴びせたくなかったので断念したのでした。

今でこそ、電磁波の比吸収率SARデータ表記が義務づけられているけれども、
iphoneの初期バーションの電磁波は相当なものだったはず。
新世代に移り変わって来て、あいおーえす(ios)が高くなるにつれ、
放つ電磁波も下がってきたという話なので、思い切ってみたのだけれど、
それでもまだアップル製品のSARの高さは気になるので、ポングケースとやらを注文。
これは普通の携帯保護用ケースではなく電磁波がカットされて、
かつ充電の持ちもよくなるというエラい子らしいので、どんどんカットしたれ!と。
ちなみに、携帯本体の意匠が酷すぎて少しも心が揺れませんでしたが、
ウィ◯コムが一番低電磁波なんですってよ。こどもにもやさしい携帯、だそうです。

一般のご家庭ならば、というかここまで電磁波の海を泳ぐこの世では、
さほど気にしてられないことなのかもしれないけれど、
我が家はデザインの仕事を生業にしていて、手を動かすのと同時に
PCやらスマホ、なんちゃら端末とがっぷり向き合う時間も非常に多い。
アップルの思うつぼ、というくらいアップル製品まみれだし、
電磁波ノイローゼになってもおかしくないくらい浴びまくりなので、
ちょっとは気をつけておこうと、という訳です。

しかし、自分ちの娘を見ていてよく思うのだけれど、
生まれた時からスマートフォン、、つまり持ち歩けるPCがあるって、
どんな感覚なのだろうな。
自分用にいれた唯一のアプリも、すっかり娘のほうが気に入って、
どんどんいい音を作って楽しんでいてびっくり。
ブライアン・イーノがてがけたBloom(音あそびできるアプリ)、
きもちよい音を自分で作って、流して、聴けるのが楽しい。おすすめです。
2013.03.11 Monday
ゼロ地点より。



「あの日」から、2年。
甚大な被害に遭われ命を落とした方たちへ黙祷と祈りを捧げながら、
いろいろなことを想う1日。
別に今日に限ったことではなく、この2年の間、
ふとした時に気持ちはあの日に戻って、ずっと考え続けてきた気がします。
あの日から何が変わったんだろうか、そして何が変わっていないんだろうか、と。

強制終了ボタンを一方的に押されたような、
破壊的、超然的な力で世界が一変した事実に対し、
でも世界や環境が刻々と大きく変わっているのに、
はじめて皆が気づき明らかになった発見もたくさんあるのに、
ニンゲンだけはなんだか変わらず愚かなままで
(復興活動に対してではなく主に原発やエネルギー問題、情報隠蔽、政治に関して)、
全然代わり映えしない。なんで?そろそろ止めないか?このルーティン。
と思うし、立場や環境の違いから来る意識の差もますます広がっている気もする。
それに対して、じゃあ何ができるのかと問い続けているけれど、
結局、考え続けることをやめないことと、
自分たちが手にしている光とあたらしい智恵を大事に大事にして、
現実を諦めないでやっていくくらいしか、ない。
きれいごとのようだけれど、ほんとうにそれしかない、と思う。
暗いことや置き去りにされていることが山ほどあって、
取り返しのつかないことも今だ続行している。
だからこそ、なかったことにしないで、
でこぼこ立ち直って行く姿を世界中にさらしていく、
というのがこの国に住み続けながらできることのひとつじゃないだろうか。
2013.03.10 Sunday
3月は春ではないのか。


北海道は札幌市、しかも中央区(友人、あんざい家のある盤渓の森)のリアルな景色。
3がつって、春じゃないんだっけ。
花粉症がどうとか、そういう話題じゃないんだっけ。
ともすると、梅とか桜とか、お花見どうする、みたいな話じゃないんだっけ。

冬、長過ぎ!
いくら冬を愛する道産子でも、もういいです。
2013.02.02 Saturday
年も越え、節も分け。



ああびっくり。
今さらもいいとこですが、明けましておめでとうございます。
いや、寒中お見舞い申し上げます。いや、それも遅いし。
鬼は外!福は内!でぎりぎり。

いやはや、この12年、こんなにもブログを更新できなかったことは、
さすがになかったです。反省。
もはやブログを書く、、、というルーティンワークが消えつつありました。
日々我が家の1歳児とがっぷり向き合っていることも大きいですが、
じっくり考えて発言をまとめる、、という作業が出来ぬまま
昨年秋からぬらーっと時間が過ぎて行ってしまいました。反省。
もすこし「ちゃんと生きてます」感を出していかねば。
ただでさえ、ツイッターとかフェイスブックとかやってないんだから、
ここが消息確認の砦です。い、生きてます。
インフルエンザは流行先取りで菌の餌食になったりはしましたが(娘が)、
一家揃ってなんとかやっております。
ここに書かぬ間に、福岡、島根、京都、東京に行ったりも。
相変わらず、どこに暮らしていても日々は旅と共にあることだけは変わらず。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。よい旅されてますか。

こんなにもほったらかしサイトであるにも関わらず、
オンラインストアのご注文は絶えず頂いており、
お仕事も素敵なご縁に恵まれ続け、ありがたいことこの上なし。
自分たちが自分たちらしく過ごせているのは、
そのスタイルを受け入れ、共に何かを作っていってくださる方々のおかげ。
いつもどうもありがとうございます。
毎年言っている気がしますが、いっそう精進しますので、
どうぞどうぞ今年もよろしくお願い致します。

気づけば故郷エゾに舞い戻ってから早2年が経とうとしていますが、
冬の厳しさ、白い世界の美しさにも慣れ、
こちらで育ってる娘は生粋の道産子としてすくすくむくむく大きくなり、
その姿を見ていて、自分たちの時間軸も大きく変わったなあと感じています。
大げさに言うと、今までは目の前のことと少し先のことしか考えていなかったけれど、
今はdropとしての時間と共に、いつも娘の未来のことがあたまの中にあります。
いい未来を描けるかどうか。
逆説的だけれど、いい「未来」のために、
いい「今」をこつこつ積み上げてゆくしかないのだなあ。
どんなに慌ただしくなっても、やけにならずに丁寧に丁寧に。
深呼吸しながら進んで行きたいと思います。
2012.08.01 Wednesday
スーハー。



ブログの更新が5月末で止まっているあたり、
どれだけまたドリフみたいなことになっているか、
ここを長くお読み頂いている方ならば想像に固くないと思いますが、
この2ヶ月間の間の、drop一家のいろいろ。
ロッピス、福岡・ふくやさんでの展示、東京・蔵前での東京タワー展参加、
という怒濤のイベント三昧ののちバッタリ倒れているうちに
愛娘は1歳になり(さいきん、若干ヤクザの風味が加わる)
こちらエゾにも夏らしい夏がやってきたり。
仕事はあいかわらずいいご縁に恵まれていたり。
しかし気づくと忙しくなりすぎて反省したり。
畑(我らがももんが農園)で収穫がはじまってきたり。
民意を無視した原発再可動に心から怒り、そして政治の愚かさに嘆いたり。
東川の素敵さに心奪われたり。
何故か一旦白紙に戻ったはずのアトリエ引越が、とんとんと進み、
心地よい集合住宅から、からくりおんぼろ屋敷に引越することになったり。
風呂と台所を付け直すという、もはやリフォームなのか新築なのか
よくわからない事態になっていたりとか(今日の写真はその家ですよ)。
ああ、日々が泡のようにとけていくー。

まずは、ここのところ出来ていなかった深呼吸をすべし。
スーーハーー。
2012.07.30 Monday
うつくしいあずかりもの。



我が家には、時々うつくしいあずかりものがやって来る。
ものすごくうつくしいこれらは、自分たちのものではないので、
丁重に、丁重に扱う。

とくに、いつもDMをご依頼頂いている某ギャラリーの主から送られてくる
うつくしい品々は、海を越えて遠くから、
そして100年以上旅をしてきたものものだったりするので、
毎回ひやひやしながら撮影をする。

今回は、西に住む別の主人の元からやってきた、
ふるくてうつくしい器も加わり、ひやひやが2倍。
となりでは、暴れん坊(娘)がすやすや寝ている、、、。
今このときを逃すな!でも慌てず静かに静かに、、
なんてやっているこの環境っていったい。

(この写真は、ざんねんながらボツカット)

2012.05.29 Tuesday
LOPPIS ありがとうございました!
札幌で4回目を迎えるインテリアと雑貨の週末マーケット、
LOPPIS(ロッピス)が25日〜27日の3日間に渡り開催されました。
お越し下さった、たくさんのお客様どうもありがとうございました!
実行委員のみなさまにも大きな感謝をこめて。ありがとうございました。

ええと、詳しいお知らせがここで全然できず、
知っていたら行けたのに!つうか終わってから書くのかよ!というありさまでして
ほんとうに申し訳ない限りなのですが(ごごごめんなさい)、
今回のロッピスは我らdrop aroundも初参加させて頂き、
わくわくと楽しませて頂きました。ありがとうございました。
3年ほど前に行われた「旅するもみじ市@cholon」での出店を覚えてくださっていた
方や、商品を気に入ってリピートしてますと言ってくださるお客様がいたりして、
とてもとても嬉しかったー。
ツイッターやフェイスブックでdrop商品を宣伝してくださったお客様もいたとかで、
ますます自分たち自身での宣伝・準備の至らなさを反省、、、周りに頼り過ぎ。
次回はもすこし行き届いたお知らせと販売形態にできるようがんばるぞう。

東京・恵比寿の店を閉めて以来、なかなか展示会など以外でお客様の
生の声を頂けることは少ないので、我らにとって貴重な機会でした。
そして、札幌で長く営業されている人気店さんや、
道内でものづくりされている方たちが参加される場なので、
たくさんの方と新たにお会いできたのもありがたく、勉強になりました。
いやーしかし、すごい人数のお客様がいらしていたなあ。

前回までは自分たちもお客としていそいそと遊びに来ていたこのLOPPIS
食べ物もそれぞれ美味しいし、賑やかな中にもアットホームであたたかい雰囲気で、
なんというか北海道人の気質、この街の雰囲気のいいところが出ているイベントなのだなと、出店する側になってみて、さらに感じました。
もののやりとりだけでなく、楽しいコミュニケーションが生まれるのが良かったなー。
さらに、お子さん連れのお客様、出店者がとても多かったので、
赤子を見せ合ったり、子育て情報を伺ったりもまたたのしく。

ちなみに、うちの赤さんも双方のじじばばのお助けを得て全日参加、
親の都合による子連れモバイルワーク番外編をまたひとつやり遂げエラかった(子とじじばばが)!
うちの赤さんはもう少しで歩くか?歩かないか?というところにいるので、
1番目が離せない時期ではあるのだけれど、またひとつ大人の階段を上ったような、、。
そんな我が家の子連れ狼事情もひっくるめて、たのしくありがたい3日間でした。
みなさまどうもありがとうございました!



おうちに帰ってからのお楽しみ、戦利品もいくつか(ちゃっかり)↓

フプの森さんのモミの木の葉のアロマスプレー。清らかないーい香り!


チルアウトクックさんのパテとジャム(マーマレード)。うまし!
| 1/34PAGES | >>