2013.02.10 Sunday
なんでもない、紙の箱
女子力がゼロに等しい自分、
すっかりバレンタインってものを忘れておりました。
間近ですね、チョコまみれの祭典!

そうそう、今年はdropのオリジナル箱「ロービキカミノハコ」を、
いろいろなショップでパッケージとして使って頂いています。

すでに販売スタートされていますが、
東京・代官山や南青山、丸の内各店のARTS&SIENCEさんでは、
スライドタイプのカミノハコをカスタマイズして
ARTSさんの鍵のモチーフが刻印された
シックなブラウニーボックスに変身させていらっしゃいます。
ARTS&SIENCEのスタッフさん達がひとつひとつ
アトリエでこの刻印を入れたのだそうですよ。
こんな風にお使い頂けて、わたしたちまでなんだかとても嬉しい。
数量限定だそうで、もしかするともう手に入らないのかもしれませんが、
いつでもはっとする美しいものやソニアパークさんに選ばれた確かなものが並ぶARTS&SIENCEならば、用がなくてもふらりと伺いたい。
デートで行ったりしてももよさそうですよね。
新しく出来た食堂、DOWN THE STAIRSにも行ってみたいなあ。

そして、我らが住む札幌では、お菓子の工房を営むCAPSULE MONSTERさんにも
ロービキカミノハコのベントウ型のSとMの両サイズを使って頂いています!
普段もいろいろな喫茶店やカフェ等で頂けますが、
今回はバレンタインのフェアで札幌駅に隣接する大丸でお買い上げ頂けるそう。
久々湊さん(くぐみなとさん。珍しいおなまえです)が生み出すお菓子は、
正統派で溜め息ものの美しいお菓子達。
そしてほんのりと外国の匂いをまとっている気がします。
しっかり甘くて、素材も上質だからくどくなくって、珈琲にぴったりあう。
普段珈琲屋さんにお菓子を卸していらっしゃるのがうなづけます。
珈琲好きの男性に贈るのがぴったりのバレンタインギフトになっているのではないでしょうか。
あっという間に100個以上がなくなってしまった、、と聞いていますが、
早めの時間に行かれると追加納品のお菓子にありつけるかも?!
ぜひぜひ、足をお運びくださいね。

現在の札幌に移転される前の秋田時代からロービキカミノハコ(スライド型)を
珈琲のドリップパックのケースとして使ってくれている石田珈琲店さんの
その名も「drip pack book」も定番品として長ーく販売されています。
甘いものが好きでない男子には、どこにでも持ち歩けて、
お湯さえあればどこでも1杯の美味しい珈琲が飲めるこちらもとってもおすすめ。
(石田珈琲店ファンとしては自分で豆を挽いてじっくり味わって欲しくもあるけれど!)
大雪かけわけて、美味しい一杯を飲みに行くのもいいですね。

なんでもない箱であるがゆえに、
いろんな場所へ旅立って、いろんな人の元で使われ手渡され、うれしい限り。
そういう透明で、心地よい存在のものを作り続けられたら本望だ!




| Recommend | - |
2012.05.21 Monday
フクヤ デ カルテット









ここのところ。
更新がないまま何をしていたかというと。

こんなん、集めたり、作ったりをしていました。
久しぶりの展示参加(しかもなぜか2連発)。
福岡にて、大好きな古道具屋さん「ふくや」にて、
4組展 fukuya de quartet(フクヤデカルテット)に参加させて頂きます。
4組というからには、うちの他に素敵な3組がいらっしゃるということで、
かなりのプレッシャーを感じていましたが、
まずはもう、売れるかとか誰かが喜んでくれるかよりも、
今回は自分たちが好きで楽しんで展示できるもの、見せたいものを、と考えて、
1つはdropらしい、旅の匂いを感じるものに決めました。
どどっと箱にならぶのは、今まで自分たちが旅をしてきた証のようなものもの。
旅で見つけたものを標本箱にように貼りつけ、並べ、言葉を添えました。
自分達の活動テーマでもある「fragments of travel(旅の断片)」というテーマです。
旅の断片が収まった標本箱40個それぞれに図録の代わりのポスターも作りました。

そしてもうひとつは、幾何学の多面体を紙粘土で作ったオブジェも。
こちらはだんなはんの力作。
紙粘土と侮ることなかれ。
作れば作るほど止まらなくなるらしく寝る暇を惜しんでやっていましたよ、あのひと。

両方とも用途はとくにありません。
用途のない美もまたよし、と言い切れるほど「展示」というものに
慣れることが出来ていないですが、
福岡に住んでいる方、旅されている方にぜひ見て頂けたら嬉しいなあ!
敬愛するふくやさんのお店の空間、空気にもぜひ触れていただきたい。
ふくやを営む江口さん、なおみさんも素敵なお二人。
ぜひとも足をお運びください!


5.23-5.30 antiques+ふくや 
福岡市中央区警固3-9-7 11:00-19:00
※期間中、drop aroundは23日の初日のみ在廊します。ぜひ〜。






| Recommend | - |
2012.04.29 Sunday
ブラシ的なるもの



我らdrop aroundが住むエゾの街・札幌は、
一度住んだらなかなか出て行けぬほどにちょうど良く緑豊かで住みよい
いい街でありますが、あまり「いいブラシ」には出会えない街です。
いいブラシが売られてる街、店、という基準もよくわかりませんが、
とにかくそこだけはかなり不満に思っています。
なぜならば私はとにかくブラシ的なものがすき。
雑貨屋さんとか道具屋さんとかに行く度に、
吸い寄せられるようにブラシを手にしていることが多く、
おかげで自宅には既にいくつかのブラシがあるにもかかわらず、
でもまた買ってしまうブラシ的なるものよ。なんでなの。
ねこのようにふさっとしているのがいいのか。いや、固いのもあるけど。

先日の出張先でも、吸い寄せられるようにまたブラシを買ってしまい、
引越の際にリニューアル&リセットしたはずのブラコレがまた増えました。
実はほうきも好きなんですが、でかい系に手を出すと家族に叱られそうで、
1m以下のものしか、、、ああ、あこがれの巨大ほうき(魔女宅なやつ)。

余談ですが、ベルリン、ロンドン、サンフランシスコ、ブタペスト、東京、神戸、は
いいブラシが売っている確率が高い6大都市であると思う。うむうむ。
ブラシ好きのわたしが各国各街のホームセンターやスーパー、
道具屋を徘徊して検証済み。
ついでに、東京ではここに行くといいブラシが!というお店としてあらたに

Found MUJI 青山(無印のギャラリー付きコンセプトショップ)
The Tastemakers & co.

をブックマークしました。
Found MUJI 青山のはドイツの工房のもの、The Tastemakers & co.
のものはたしかアメリカ。
ということで、上の検証もあながち的外れではない、、ほらねほらね、
とひそかに納得の気分でこの2つのお店をあとに。

さて、新入りのブラシの用途については、ただいま検討中。
このブラシ愛を掃除かなんかでもって、清く正しく消化したいと思います。
| Recommend | - |
2012.04.02 Monday
ただしくたのしめDIY
昨日DOMMUNEでやっていた、FOR 座REST大学@福島の中継に、
drop家そろってかなり大好きな坂口恭平氏(新政府 初代内閣総理大臣)が出ていて、俄然盛り上がる。
友人のあんざいしんやさんもお父さんも出演していたし、
豪華アーティストライブもすばらしかったのだけど、
坂口さんのトバしぶりがあまりに痛快で、
途中で音楽やゲストの語りに浸るどころではなくなってしまった。
PCの前で、いいぞいいぞ〜と拳をあげてしまいましたよ。

坂口さんのことは、2年前にエココロでの連載(家をめぐる冒険)で、
猪谷六合雄(イガヤクニオ)の紹介をしていたのをきっかけに知った。
連載1発目で紹介されていた「猪谷六合雄が71歳で車の免許をとって、
73歳で車を改造してトラベルカーと名付けた移動式住居を作り上げた、、、」
という衝撃の発明家人生もたいそう印象的だったのだけれど、
坂口恭平さん自身も、建築という窓からホームレスの研究をしたり、
モバイルハウスを作ったり、熊本で新政府をつくって首相になったり(!)、
(※詳しくは0円ハウスまたはゼロからはじめる都市型狩猟採集生活をご覧あれ)
知れば知るほど猪谷六合雄を上回る勢いのDIY精神の持ち主ということが判って、
つねに興味しんしん、その行動と行く先に大注目なのです。
| Recommend | - |
2012.03.18 Sunday
中山智恵さんの「定食弁当」




すっかりすっかりお知らせが遅くなってしまったのですが、
2月中旬に主婦と生活社より発売となった、
フードコーディネーター中山智恵さん初のお料理本「定食弁当」が
全国書店にて絶賛発売中です!
この「定食弁当」で、dropはデザインとイラストを担当させて頂きました。
「見ているだけでよだれがでて来る本」に仕上がって良かった〜と思ってます。

ここ数週間、いろいろな書店をかさこそとパトロールしておりますが、
どの書店でも新学期ゆえお弁当コーナーが出来ていて、
その中でも大々的に「定食弁当」をアピールしてくださっている書店さんが多く、
とてもとてもうれしい〜!!!(面置きされていると俄然アガる)
撮影の川村隆さんによる、がつんとささる表紙のオムレツ弁当写真の力によるところも
かなり大きいですが(全ページ本当に美味しそうな美しい写真の数々)、
なにより中山さんのレシピはどれも美味しくて、
本を元に再現してみても、春らしい彩りになるのがうれしいお弁当本です。
この本のサブコピーである、
「白いごはんがもりもり食べられる、懐かしくっておいしい、定番弁当40」
まさにそのとおりのレシピの数々!
ごはんがすすむメインがあって、付け合わせや総菜のバリエーションも多くて、
味に濃淡があって飽きがこない。バランスが良くて味わい深いお弁当が出来上がります。
dropのお気に入りは「鮭のじゃがいも焼き弁当」で、
この本を作らせて頂いて以来、何度も作っているレシピのひとつ。
著者の中山智恵さんは北海道のご出身なので、
ここ北海道で馴染みのある食材や味付けが多く使われているのも
我ら道産子にとってはうれしいポイントです。

| Recommend | - |
2012.01.20 Friday
けっこうべんりなカミノハコ。


年賀状のあとにぽろぽろと届く、寒中見舞いなどをあわせると
1月も後半となると家にハガキ類がどっさりと貯まるので、
dropはここ数年、自分たちのプロダクトのカミノハコに入れて収納しております。
手前味噌ですけれども、うちのカミノハコとロービキカミノハコは、
この時期にいちばん活躍します。
とくにハガキサイズのLサイズ、べんりです!!(写真参照)

もともと箱好き、箱収集癖がある我ら、
豪華な模様の入ったお菓子の外箱や蚤の市で見つけたぼろぼろの部品箱、
薬品や工具が入っていた渋いラベル付き箱などなど、
箱というだけで新旧問わず、姿がいろいろでもいちいちそそられるのですが、
いざ、実用も兼ねたそれを自分たちでつくる、使うとなるとちょっと話は別で、
何の装飾もない、むしろどこまでも「なんでもない」に徹することができるか、
を追求して、あのような箱シリーズが出来たわけなのです。

これらの箱を制作してから早3年経とうとしていますが、
そばに長く置いておいてもやはり嫌じゃない。やっぱり作ってよかった!
というか、「見飽きる要素すらない」のがよかったように思います。

ろうをかけているろロービキカミノハコに関しては、
あの箱の製造をしてくれている倉敷意匠さんが
工場での調整を重ねてくださったおかげで実現したのですが、
今も継続的に力になってくださっている箱屋さんもロービキ屋さんにも、
当初「こんなふつうの箱が売れるの?大丈夫?」と心配されたそうです。
売れたら売れたで喜ばれるよりも先に
「なんであんなふつうの箱が売れるんだろうか」というコメントだったそうで。わはは。
そりゃそうだ、世の中には「なんかしてる」もののほうが圧倒的に多いわけで。
「なんでもない」というのは、ある意味放棄でもあるのかもしれませんが、
余計なものにまみれているよりは、なんでもないものが好きという人もいるってことで。
そのような方たちの支持のおかげで、今も売り続けられています。
ありがたいことです。

ちなみにこのハコたちの近況ですが、
東京・吉祥寺のギャラリーpoooLさんで行われている「文具 vol.2」展にも
およばれしており、販売中です。
やっぱり年賀状入れに、と購入してくださる方が多いのだとか。
お近くの方はぜひ足をお運びください。会期も2/12まで延長になりましたよ。
出店者の方々、それぞれにとてもすばらしい製品づくりをされている方たちばかりです!

そして、昨年末からは御徒町と秋葉原を結ぶ高架下に出来た商業施設2K540にある
日本百貨店さんにもSMLとそれぞれサイズとかたちいろいろ並んでおります。
まだお店に伺えてなくてくううう、と残念に思ってるのですが、
こちらのお店へみなさまもぜひゴウ。
日本のよいものがずらり並ぶ楽しいお店です。

と、結果宣伝のようになってきてますが、たまには宣伝もしときます。
もう1回。カミノハコ、便利ですよ〜!!









| Recommend | - |
2011.12.11 Sunday
工房イサドの小さな額 




師走のおすすめ展示会。
気づけばあと3日で終わっちまう!!てえへんだ!!(なぜか江戸っ子)
遅ればせながら、工房イサドさんの「小さな額 small frames」が
東京・代官山のギャラリー無垢里にて行われています。
関東のみなさま、急いでいってくださーい!な、無くなってしまう!

今回、写真も含めてDMの制作を担当させていただいたのですが、
撮影用に送られて来た額の数々が、そりゃもう魅力的だったのです。
額がかっこいいから、何を入れても様になるという。
切手がぎりぎり入るくらいの手のひらサイズのものから、
葉書大の写真をかちっと飾れるものまで、小さい額がずらりと並びます。
木のたたずまい、節や古びた建具の跡がグラフィカルで中に何にも入れなくても
飾っておくだけで絵になる額がたくさんですよー。
部屋の中でよく目にするモノの割に、気に入った額がなかなか見つからない、
という人もけっこう多いんじゃないでしょうか。
古材や元は生活道具の一部だった、、、という別の用途として生きて来た樹が、
イサドさんの手によって小さな額として生まれ変わっています。
古いものがお好きなひとも、嬉しくなっちゃう展示会じゃないでしょうか。
今回のDMのように、大人買いして壁一面小さな額で埋め尽くすってのもいいですねえ。
お家が、壁が、突然かっこよくなるもんな。
中に入れるものをあとから考えるのもまた楽し。選び甲斐のある展示です。
| Recommend | - |
2011.11.30 Wednesday
北の街かどに。


たくさんのファンに惜しまれながら秋田での営業を終え、
この秋から札幌へと移転して来た石田珈琲店が雪降る11月21日に静かに開店しました。
あああ、嬉しい。

我らが住む札幌は、珈琲偏差値が全国でもトップクラスに高い街です。
それゆえ、そこかしこに自家焙煎の珈琲店や喫茶店はあれども、
珈琲の味の好みって本当に人によるので、
おすすめというのは実際のところなかなか難しい。
でも、石田珈琲店は玄人にも初心者にも自信を持っておすすめしたい!
何故かというと美味しさをマシンやドリップなどのいれかたに頼ることなく、
珈琲豆の焙煎で安定した美味しさを引き出すことで
誰が入れても美味しくなる豆の味を追求し続けている姿をひっそり見て来たから。
それでいて、珈琲の奥深さや哲学めいたものだけを押し出す事無く、
暮らしの中で珈琲を気軽に楽しんでもらうためのいろいろなしかけを
こつこつと提案し続けてくれるバランス感覚もいいなあ、
ほんとうにいい珈琲屋さんだなーと思うのです。
彼らが目指しているのは、常に毎日の積み重ねを大事にする、
気づいたら昔からそこにあったような、珈琲屋。
それこそ街かどにあって欲しい、通いたくなる珈琲屋さんだと思います。

数年前に、旅の途中で立ち寄った美味しい珈琲屋さんが、
なんとご近所にやって来た、というのはものすごーくウレシイ。うひひ。
あつかましくも、移転葉書やショップカード、ギフトタグ、
HPなどのオープンツールをdropで担当させて頂いています。
あたらしいロゴの顔となった「ラッパから珈琲豆を吹くあらいぐま」を描いてくれたのは、佐藤しおりさん。
札幌に住む奇才のイラストレーターさんです。
この新しいあらいぐま氏には、今後たくさん活躍してもらう予定。
北国だけではなく、全国津々浦々のファンのみなさん、
ぜひとも新しいお店を目指して札幌へいらしてくださいね。
開店したばかりでまだ喫茶営業は準備中ですが、
12月中旬ごろには珈琲豆の販売に加えて喫茶室も営業をスタート、
珈琲と共にまたあの美味しいお菓子や、もしかするとパンも食べられるようですよ!
お知らせを心待ちにしつつ、さて、dropも石田珈琲店グッズを試作試作、、、
年末年始にもらってうれしい、とあるラッピンググッズを作成中、、、、
そちらも併せてどうぞお楽しみに。


| Recommend | - |
2011.11.19 Saturday
tsunaguのホームページ


こちらエゾではついに初雪が降り、
しかもやや積もりました。秋どころか冬が深まって来ています。
みなさんの住む街にももう冬がやって来ているのでしょうかー。
さて、そんな季節に(強引?)またまたお知らせです。

日本の手仕事からうまれた道具を集めたお店tsunaguのweb siteを作らせて頂きました。
ロゴやコンセプトコピーに続いて、実店舗オープンに伴いショップカードや開店のお知らせ等、オープンツールも担当させて頂いています。
tsunaguの実店舗があるのは、岐阜県の土岐市。
土岐川の大きな流れを目の前にのぞむ、ショップとカフェです。
楽天ショップでの通販業務からスタートされて、あっという間に人気web shopに。
tsunaguのweb shopを始められた頃は長野の松本にいらっしゃいましたが、
店主の梶川さんのご実家がある岐阜に移られて
実店舗としてshopとcafeも開店されました。
カフェではクリスマスフルーツロールケーキのご予約もはじまったとか、、、。
お、美味しそうです!カフェではこだわりの珈琲も飲めますよ。
月代わりのメニューもランチ、スイーツ共に豊富で、行ったら選びきれなくて困りそう。
我らは遠くから月代わりのメニューの写真をよだれをたらして見ておりますが、
お近くの方も、いや、そうでない方もぜひとも足をお運びください。

これからプレゼントシーズンなので、贈り物選びにも頼りになるお店さんですよー。
大人が贈って、もらって嬉しい、日本のよいものがずらりと並んでいます。
大事なひとへの手渡したいものを、丁寧に選んで包んでもらえるのはうれしいこと。
通販レビューを見ると分かるのですが、すごく顧客満足度の高いお店さんで、
のしつきのお祝いや贈り物選びにもとても喜ばれているようです。
webからもそのセレクトの良さや丁寧さは十分に伝わると思いますが、
実際に気になるものを手に取って選べるのはまた違ったヨロコビがあります。
dropも急ぐ用もないのに岐阜出張する気まんまんです。岐阜熱ふたたび。
川を眺めながら珈琲飲んで、おひつとかバッグとか鉄瓶とかじっくり選びたいんだもん!
と可愛いこぶりながら、来春までにはお邪魔したいと目論んでます。みなさまもぜひに。
| Recommend | - |
2011.11.10 Thursday
おしらせとおしらせとおしらせのつづき


おしらせおしらせ続きます!
長野・安曇野の穂高にあるnagi◎さんで、
19日から手織り作家のクウプノオトさんの展示がはじまります。
意外にもオープン以来はじめての展示企画だそうで、
クウプノオト松下さんの丁寧な手仕事によるウールのものが並びます。
DMでは、たてとよこに織られる糸を想像して、
細いシャーペンでかばんを描かせて頂きました。
ちなみに会場のnagi◎さんはことしで開店10周年。拍手!
しかもnagi◎店主あくつさんのご出産も重なり、ダブルでめでたい!!拍手!
気持ちのよい森の中で、すばらしいお店をたんたんと続けて来られたnagi◎さん、
我らも数年前からお店の大ファンで、度々森の中へお邪魔してました。
今はきっと紅葉に包まれている頃、、今回の展示ともぴったりだろうなあ。
赤さんもかわいいのだろうなあ。
あああ行きたいよう!雪が降る前の冬じたくに、みなさまもぜひ。


そして東京・参宮橋trayさんでは我らも長年超愛用の手づくり靴・うずらさんの個展&受注会、「ウズラヤマスポーツ〜はげしい運動はしないでください〜」が行われます。
いいタイトル!
DMではイラストレーターの得地直美さんが描いた架空の街で
うずらやますぽーつ店が開店してて、とても可愛いことになっています!
今回はスウェットを使ったスニーカーなどが新作目玉商品のよう。
着古したスウェットを持参して、好みのかたちを相談したら、
スウェット生地を使った世界に1個だけのスニーカーもオーダーできちゃいますよ。
数号前のku:nelにも載っていましたね、うずらさんが作ったスウェットスニーカー。
あの写真を見て、自分も欲しー!となったひと、とても多いんじゃないでしょうか。
そして今回は定番のオリジナルプリントTシャツに加えて、
さらにたのしいグッズも販売される予定ですよー。
なにやらコスプレ有り(うずら家は期間中ジャージ着用が原則)だそうで。うぷぷ。
靴は自分の歩みを支えてくれる、大事な道具。ぜひお気に入りを見つけにゴウ。
11/24から27日までの4日間。26、27は札幌に移転オープンする石田珈琲店の喫茶付き!

続きを読む >>
| Recommend | - |
| 1/11PAGES | >>