2011.03.05 Saturday
いがいと。
 

ふつう、あったはずのものが無くなったらだだっ広く感じるものだと思うのだけれど、
どうもうちのアトリエは逆だったもよう。 
ものを抜いた方が狭く感じるって、、、収納上手だったと勘違いすべきなのでしょうか。
そのぶんスライド式に恵比寿の荷物がいまや目黒の自宅にて飽和状態。
今すぐ使わない非実用品に溢れていて、衝撃の光景です。おおおう。
なぞの地球儀とかがこっちを見ています。 
しかし、いつもお世話になっている友人チームの爆発的かつ献身的なお手伝いと励ましにより、軽トラ何往復かで荷物運びが完了。 
彼らが駆けつけてくれていなかったら、
引越などという一大事業を終える事はできなかったに違いないです!!
まじでまじでまじで大感謝、一生足を向けては寝られないのです。 

我らがこの街で得たものは、、、、人だなあと、よく思うのだけれども
今回はさらにさらにそう思いました。
調子のいい時に寄ってくるんでなく、本当に大変な時、自分のことにすら手が回らない時にも、全身全霊で助けてくれる人たち、真剣に自分のこととして一緒に動いてくれる人たちの心優しさとあたたかさにいつも助けられてます。 
逆に、そうやって助けてくれるたちが大変な時は、
自分たちもちゃんと動いてお手伝いが出来るようでありたいなと心底思う。 
しかし、そんな周りのおかげで、長年世話になった恵比寿のこの部屋とはさよならです。
6年お世話になった不動産屋さんにも挨拶。
思っていたよりあっさりしたものだったけれど、笑顔でちゃんとお礼を言えてよかった。
次の大型引越と出産に対する応援の言葉も頂いてありがたい限り。
6年経ってみると、契約をした当時我らは26歳で、
やりたい放題の若造によくぞ大きな文句もいわず部屋を貸し続けてくれたもんです。 
ここのおかげで本当にいろんな人に会った、会えた。 
場の力というのは、見えないぶん大きいものですね。 
さて、次は北上です。
さあ、いざ、北の地へ行かん!!
2009.12.28 Monday
感謝の嵐の只中に。


12月27日まで3週に渡り開催しておりました、
旅の雑貨店atelier drop around最後の催し「紙の道具」展、無事終了致しました。
本当に、たくさんたくさんたくさんのご来店、ありがとうございました。

異様に混んで酸欠状態になったり、急にガラガラで貸し切りになったり、
波のようにいろんな日と時間があったので、ゆっくりお話できなかったお客様も
いらっしゃったかもしれません。
最後の最後まで、至らぬ点も多く、ご迷惑をおかけ致しましたが、
たくさんのお客様に足をお運びいただき、とても感謝しております。
昨日を持ちまして、atelier drop aroundの店舗営業は終了。一区切りです。
我らdrop、そしてこの空間atelier drop aroundはなんと幸せ者なんだろう!
バチがあたりそうで恐ろしいほどです。
改めて、4年半おつきあい頂きまして、どうもありがとうございました。
みなさんのおかげで、楽しく濃い時間を過ごさせて頂きました。
あれもこれも楽しい思い出、そして次なる野望への糧に!と思っています。
頂いたお気持ち、ひとつひとつにお返しをしてゆくつもりで、
今後もコツコツとがんばって参ります。

2009.12.14 Monday
はじまりました「紙の道具」展!!


先週末よりはじまりました、
atelier drop around営業内最後の催し「紙の道具」展。
たくさんのご来店、どうもありがとうございました!
とくに土日は一気に混んだり空いたりぐるんぐるん(←回転音)の週末でした。
12月いっぱいの閉店、とお伝えしたこともあって、
店が閉まることを惜しんでくださるひとや、
びっくりして飛んで来ましたというお客様もいらして、
ありがたいやら申し訳ないやら、、、。
ほんとうに、すばらしくてあたたかなお客様たちに支えらえて、
この店は存在できてたのだな、、、と、
改めてご来店くださったお客様方に大感謝している次第です。

そんな「紙の道具展」、ただいま店内ではいろいろやってます。
1つ目は入り口すぐ左の壁にどわーっとコラージュしている、
「紙の道具ができるまでWALL」。
どのようなアイディアやイメージから、実際の商品が出来たのか、
どんな風にメーカーさんや工場さんとやりとりをして製品を作ってきたか、
ほんのかけらでいいから見たり知ったりして欲しい、という気持ちから、
そのプロセスの記録を1つの壁面にぺたぺたと貼付けています。
図画工作さながらの、我らのわくわくや地味なこだわりが詰まったサンプルなども、
見ていって頂けたら、、、と思ってます。
2009.11.29 Sunday
おたのしみ予告。


しんしんと寒くなって来ました。
もうすぐそこに、12月。ひー!は、はやい。
びっくりですよ、もう。

そんな今週はいつもに比べて、静かな週末。
遠くから、じっくり見に来てくださるお客様が多いのは、
ETC効果とやはり関係があるのだろうか、、、などと考察しながらの店番。
見つけづらいうえに開けている日数が少ない店なのに、ありがたいことです。

さて、ただ今dropでは色々の下準備を進めてます。
まず、ずっと問われ続けて来た「オンラインストアいつ再開するのですか」。
ただいま必死に作業中です。ほんとです。
人様のサイトやweb shopをたくさん作っていながら、
自分たちのほうはあとまわしあとまわし、、、ではそろそろいかーん!と、
ついに重い腰をあげました。
約4年のブランクをあけながらも12月中にはリニューアルオープン出来る見込みですので、
どうか楽しみにお待ちくださいねー。
dropオリジナル製品も続々投入しまーす。

そして、来たる12月は紙まみれの展示販売です。
いつも紙だらけの店内が、さらに紙づくしに、、、。
芳名いただいているお客樣方には、近日中にDMも届くことと思います。
今回のDMはでかいです(しょうもない予言)!!
実演販売的なへんてこ実験も、考えてます。うぷぷ。
こちらもぜひともお楽しみに〜。

2009.11.20 Friday
紙まみれの店内 カミノハコ編


今週も開けております、atelier drop。
journalを見て、紙モノプロダクトを見に足を運んでくださったという
お客様が多く、すんごくすんごく嬉しい。
店主、かなり喜んでおります(にやにやした店番ですみません)。
カタログも気づけばさくさくと売れてて、頼もしい限り!
いいぞー紙〜!がんばれ紙〜!と謎の合い言葉がdrop内でのみ、流行ってます。
12月あたまから予定している「drop aroundの 紙の道具」展には、
dropプロダクトのフルラインが揃う予定ですが、
11月中もこつこつと種類は増えてゆきますので、
ぜひぜひお手にとってご覧頂けたらなあと思っております。

2009.11.15 Sunday
atelier drop再開&ぞくぞく入荷中!



東京は、3日間の中で天気が大逆転したような週末でした。
立ち寄ってくださったお客樣がた、ご来店ありがとうございました!
ここのところ、お休み続きのatelier dropだったので、
忙しさや体調不良を心配していました、というようなお声もきいて恐縮しています。
デザイン仕事の都合やら私事の出張やらで、
たびたび店を空けることになってしまったのは、
我らdropの計画性の無さと力不足によるところが大きいので、
ヒジョウに申し訳なく思っている次第です。
そのぶん、年内はこのあとノンストップで毎週末オープンします!ので、
ぜひぜひ遠くから近くからお越し頂けたらと思います。

2009.09.27 Sunday
メイキングプロダクツ


もうそろそろ、9月も終わろうとしていますね。
今週末も、みなさまご来店ありがとうございました。
わざわざ来てくださっていることにかわりはないのに、
遠い場所から来てもらうほど、うれしいのはどうしてでしょう。
オバチャンのごとく、お菓子やらアメちゃんやらを無理矢理握らせたり、
お気をつけてー!と、手をふりふり、過剰サーヴィス(スイマセン)。
「ちょっと立ち寄る」の名のこの店に、わざわざ遠くから来てくれるなんて、
何年経ったって新鮮で、すごーくうれしい気持ちを頂くのです。

さて、お店を開けつつ、このところはモクモク制作にも没頭。
オリジナル商品のデザイン、サンプル作成が一段落つき、
出来上がりを待ちながら、今度は商品用のカタログ撮影や紹介文書きに没頭しています。
秋の終わりに、40品目を超えるdropオリジナル製品が世に出ますよ!!

私たちの作るものは、一見、いやずっと見てても地味なものばっかりですが、
おしゃれで可愛いものに浮気してみても、
カラフルでモダンなものに憧れたりしてみても、
結局戻ってきてしまう「地味でなんでもない道具」「へんてこ道具」好きのdrop的趣向。
(atelier dropで選んでいるものものとも、どこかで繋がっている世界観?)
しかしそれこそきっと、自分たちにしか出来なくて、
おもしろいし、無いからつくろう!と思えるものづくりの基本姿勢だと思っています。
日本全国(大きく出てみました!)の「地味な道具好き」さんへ送る、
大プロジェクトをただいま続行中。
ぜひぜひ、ご期待ください。

※写真は札幌にある工場地帯にて。工業的風景ラブ。
2009.08.21 Friday
夏期休業のおしらせ


店舗のドアにも張り紙していますが、今週末から8月いっぱい、atelier drop aroundは夏期休業とさせて頂きます。どうぞご了承ください。
(隙あらば旅に出ようとしているのと、店内が温室のごとくあったまる対策のため)
2009.08.11 Tuesday
宿題サマー





atelier drop aroundにて開催していた「4」展、
無事に終了致しました。
来て下さったたくさんのお客さま、どうもありがとうございました。
御礼をしなくてはいけないのはこちらなのに、
たくさんの方に祝って頂いたり、お言葉をかけて頂いたり。
とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。
忙しい中も全く手を抜かないでいい作品を届けてくださった、
西本さん、葉田さん、次朗さんにも尊敬と感謝を!

このじわじわと沁みてくる気持ちを、きちんと言葉や形にできなくて悔しい。
「ありがとう」が1番大きいのだけれど、それだけではなくって。
店とお客さん、店と作家さん、という関係以上のものを
いつも周りにたくさん頂いていると思うのです。
へっぽこな私達の根っこを支えてくれる、でっかくてあたたかいもの。
大事に、大事にします。
そのお気持ちにちゃんと応えられるよう、
ますますがんばらなければ、と思います。
(ワンパターンで恐縮ですが)ほんとうにありがとうございます。
2009.08.01 Saturday
「4」展はじまりました!
晴れの週末。
恵比寿は盆踊りにもぶつかっているので、えらく賑やかです。
さて、ついにはじまりました!
atelier drop around4周年の記念イベント、「4」展」。

前日の昨日、西本さん、葉田さん、次朗さんから作品をお預かりして、
なんとも幸せな空間になりました。
好きなひとたちの、かっこいい作品、
かなりテンションあがりました。

今回は、見て楽しんでもらうもの、買って楽しんでもらうもの、
いろいろ混じっていますが、
「4」というキーワードを投げただけで、
こんなにも多様な作品が生まれたり、集まったりすることの面白さのようなものを、
一緒に感じていただけたらなあと思っております。

搬入後の店の中は、こんなことになりましたよ。


↑陶芸家さんなのに、ワイヤーワークも異様にかっこいい吉田次朗さん。
「4」にまつわる、器以外のものを!という、
強引とも言えるリクエストにこんなおもしろいものものを作ってくださいました。
モビールや陶板なども必見!
ゆらゆらしていて、影も動きもとてもきれい。たのしく美しいものもの。


↑こちらは、デザイナーの葉田いづみさん作のプリーツという作品。
白のマスキングテープを重ねて、文庫本に淡い陰影が。
書籍のデザインを中心に大活躍されている葉田さんが手掛けた、
甘過ぎないきりっとした顔の本達に通ずるものがある気がします。
おとなりの封筒は正方形のDVD/CDケース。
手にとった人だけが気付く、さりげない技の効いた封筒です。


↑そしてこちら、木工の西本さん。
4つのアプローチで、魅力的な作品を作ってくれました。
家具やインテリアグッズ、アクセサリーの製作物は何度か見ていたのに、
こんな顔も持っている人なんだ!というあたらしい驚きをもらいました。
なにしろ木ですら無い。ある意味、一番びっくり。
でも、不思議に西本さんのトーン。どれもがすっごく面白い!
繊細なのに、乾いたユーモアを感じるものもの、ぜひじっくり見てみて下さい。


↑そして我らdrop aroundのカードブック。
微妙にしょうもないことをいろいろやっています。
何に使えると言う訳ではないけれど、気になる「4」にまつわるあれこれを、
収録しています。



↑展示の他に、「4」にまつわる(四角とか、正四面体とか、四本あし、とか)古道具も販売しております。写真のこれは、紙でできたたばこケースタワー。
ドイツの象が取り仕切っております。

という感じで、示し合わせたわけではないけれど、
違うようで似ている、似ているようで違う、不思議でたのしい空間ができあがりました。
いつも来て下さるみなさんも、
たまたま立ち寄ろうというみなさんも、
ぜひぜひ楽しんでご覧下さい。8/1から8/9まで、ノンストップでお待ちしておりま−す!

| 1/14PAGES | >>