2009.08.01 Saturday
「4」展はじまりました!
晴れの週末。
恵比寿は盆踊りにもぶつかっているので、えらく賑やかです。
さて、ついにはじまりました!
atelier drop around4周年の記念イベント、「4」展」。

前日の昨日、西本さん、葉田さん、次朗さんから作品をお預かりして、
なんとも幸せな空間になりました。
好きなひとたちの、かっこいい作品、
かなりテンションあがりました。

今回は、見て楽しんでもらうもの、買って楽しんでもらうもの、
いろいろ混じっていますが、
「4」というキーワードを投げただけで、
こんなにも多様な作品が生まれたり、集まったりすることの面白さのようなものを、
一緒に感じていただけたらなあと思っております。

搬入後の店の中は、こんなことになりましたよ。


↑陶芸家さんなのに、ワイヤーワークも異様にかっこいい吉田次朗さん。
「4」にまつわる、器以外のものを!という、
強引とも言えるリクエストにこんなおもしろいものものを作ってくださいました。
モビールや陶板なども必見!
ゆらゆらしていて、影も動きもとてもきれい。たのしく美しいものもの。


↑こちらは、デザイナーの葉田いづみさん作のプリーツという作品。
白のマスキングテープを重ねて、文庫本に淡い陰影が。
書籍のデザインを中心に大活躍されている葉田さんが手掛けた、
甘過ぎないきりっとした顔の本達に通ずるものがある気がします。
おとなりの封筒は正方形のDVD/CDケース。
手にとった人だけが気付く、さりげない技の効いた封筒です。


↑そしてこちら、木工の西本さん。
4つのアプローチで、魅力的な作品を作ってくれました。
家具やインテリアグッズ、アクセサリーの製作物は何度か見ていたのに、
こんな顔も持っている人なんだ!というあたらしい驚きをもらいました。
なにしろ木ですら無い。ある意味、一番びっくり。
でも、不思議に西本さんのトーン。どれもがすっごく面白い!
繊細なのに、乾いたユーモアを感じるものもの、ぜひじっくり見てみて下さい。


↑そして我らdrop aroundのカードブック。
微妙にしょうもないことをいろいろやっています。
何に使えると言う訳ではないけれど、気になる「4」にまつわるあれこれを、
収録しています。



↑展示の他に、「4」にまつわる(四角とか、正四面体とか、四本あし、とか)古道具も販売しております。写真のこれは、紙でできたたばこケースタワー。
ドイツの象が取り仕切っております。

という感じで、示し合わせたわけではないけれど、
違うようで似ている、似ているようで違う、不思議でたのしい空間ができあがりました。
いつも来て下さるみなさんも、
たまたま立ち寄ろうというみなさんも、
ぜひぜひ楽しんでご覧下さい。8/1から8/9まで、ノンストップでお待ちしておりま−す!

コメント
日曜日はお茶やら何やら
ご馳走さまでした。。
展示、とても楽しかったです!
日常にあるもので、あんなに
楽しいものが出来るなんて、
凄いなーって感心しちゃいました。
「しーなねこ」さんもとても楽しまれて
いたようです。また伺いますねー。
| yama | 2009/08/03 4:03 PM |
コメントする