2009.11.15 Sunday
atelier drop再開&ぞくぞく入荷中!



東京は、3日間の中で天気が大逆転したような週末でした。
立ち寄ってくださったお客樣がた、ご来店ありがとうございました!
ここのところ、お休み続きのatelier dropだったので、
忙しさや体調不良を心配していました、というようなお声もきいて恐縮しています。
デザイン仕事の都合やら私事の出張やらで、
たびたび店を空けることになってしまったのは、
我らdropの計画性の無さと力不足によるところが大きいので、
ヒジョウに申し訳なく思っている次第です。
そのぶん、年内はこのあとノンストップで毎週末オープンします!ので、
ぜひぜひ遠くから近くからお越し頂けたらと思います。

さて、そんなatelier dropには、先日ここでも書いた、
「紙モノカタログ 2」掲載のdropオリジナルプロダクツが続々到着して来ています。
土曜の夜に第1弾が着く、、、という、謎のタイミングでの入荷だったので、
金土はスカスカ、日曜のお客さんは紙まみれの様子を見ることになるという、
なんだか不思議な状態の週末でしたが、地味〜な店内が、ちょっとカラフルな感じに!

普段、店で古道具を多く集めていると、さびたものや茶色い木目(?)が好きなんだ
と思われているフシがあるんですが、
パキっと明るくグラフィカルなものだってうんと好きなのですよー。
無駄な装飾のあるものは苦手だけれど、色鮮やかなものや、
シンプルな構造なのに色や質感で訴えかけてくる面白さのあるものは、
目にたのしく、使っておもしろい。
dropで作ったものにも、そういう視点や趣向をだいぶ取り入れました。
写真のカラフル封筒は「マルマド」「サンカクマド」「シカクマド」という3種類のかたちの、窓あき封筒です。公共料金の請求とかで送られてくる窓付き封筒をみて、
いい家にいい窓がついているように、封筒にもいろんな形の窓がついてたらいいのにー
と思いついて作ったもの。今まで無かった姿かたちの封筒ではないかと!
窓からのぞく模様は、いろいろなパターン楽しめるような工夫がしてあります。
もちろん窓のかたちに併せて、違った楽しみ方を発案してもらえたら、さらにうれしい。
ぜひぜひ、atelier dropまたは全国の取扱店さんにて、お手に取ってご覧ください。

コメント
コメントする