2010.01.09 Saturday
試作中


紙の道具を作ったことも影響しているのか、
今年もどしどし紙にお世話になりそうな予感です。ぐふふ。
書籍が何冊か、街歩きmapの制作、ラッピングツールづくりのお仕事など。
ウェブなどのデジタルツールも、
作り手からしたら手と頭とを動かしてつくる媒体ということに変わりはないけれど、
もともと本が紙が好きで好きで、触っているだけでうっとりという性分の2人ゆえ、
紙の仕事は正直、どんな仕事よりも楽しい。
紙の中に、五感をゆさぶられるような素材やメッセージを、
入れていきたいなあと思ってます。

さて、ご依頼あってのお仕事とは別に、
春に予定している展示に向けての作品づくりの試作もちらほらやってます。
平面だからこそできる印刷物もたのしいけれど、立体もおもしろい。
図画工作の世界です。
久しぶりに展開図とか書いてます。コンパスとか三角定規とか使って。
大人になってから、図形や算数を全く違うスタンスで学ぶことになるとは!
完全に思考が理系で、構造や論理にも強い旦那さんと違って、
学生時代のわたしは数学を全くと言っていいほど好きになれませんでしたが、
数学の教科書の中に出てくる数式や図、数理模型は、
綺麗なグラフィックだな〜と思って眺めていた(だけだったおかげで、頭には1こも入っていないのだった、、、)ことなんかを思い出したり。
サンカクとかシカクとか数字って、綺麗だなあ、と思う。
さて、何かに、そんな普遍的な美しさを活かせないものだろうか。

コメント
年末に「紙の道具」展、拝見させてもらいました。
お店を閉じられる前にあの空間に行くことができてとっても幸せでした。お店お疲れ様でした。

そのときに買ったMap Paper、今とても重宝させてもらってます。

私は左側のFrom−To欄にはお店の情報を書き込んで使ってますが、一度自分の手で地図を書いているので、ただ見てるだけの地図よりお店を見つけやすいような気がしています。

一冊まるごと持って出てもとても軽いし、ぱらぱらとめくりやすい。
例えは変かもしれませんが、まるでぱらぱら漫画をめくるときのような心地よさが・・・。

紙の手触りや表紙の色や横長の形、大きさ(あれ?すべて?)にウットリです。

すいません。つい愛を語ってしまいました。
つ、つまりこれからもどんどん書き込んで自分の大切な一冊にしていきたいです!

これからの活動も楽しみに追わせていただきます。
どうぞお身体に気をつけて頑張ってください!

| oka-yu | 2010/01/12 1:58 PM |
今頃のお返事になりすみません。
昨年のご来店をありがとうございました!!

地図は、自分でつくったほうが面白いですよね。
誰かに書いてもらっても、楽しいですし。
ちなみに、漫画のよう、、というのは、とっても的を得てると思います。
なぜなら、map paperの紙は、コミック紙という、
まさにまんがや週刊誌に使われている、
ちょっとチープでパラパラな紙なのです。
我らの紙愛(?)も伝わったのかしらと、
だいぶうれしくコメント拝見しました〜。
どうもありがとうございます。
ぜひとも長く楽しんで使っていただけたらと思います!
| drop | 2010/02/12 1:55 PM |
コメントする