2010.02.22 Monday
迷走



3月22日から、青山のスパイラルマーケットさんの入口にて、
展示をさせていただくことになっています。
クラフト作家の井上陽子さん、大分で活動されているデザイナーの岡崎真悟さんとご一緒の3組展。

紙片」という名の、紙がテーマの展示と販売なので、
もちろん紙まみれのオリジナルプロダクトも引っさげてゆきますが、
何かこのテーマだからこそできる新しいものも作りたいなと考えており、
もっぱら試作試作の日々。
もう1ヶ月切っている訳で、試作ばかりもしていられないんですが。
本番作品つくれよ、というハナシですが。
日々は相変わらず水のように流れていくばかりで、
気持ちだけが焦ってます。ひー。

しかし、普段の仕事の軸が「ビジョンや目的を具体化すること」、
もしくは「コミュニケーションツールづくり」であるのに対して、
「ものをつくる」「人に見せる」だけがぽーんと来ると、
いまだにわからないことが多い。
作品と製品の違いはなんなのか、デザインとアートの違いってなんなのか、
どっちが今の時代の自分や他人にとって必要なのか。
どっちもいらないのか。
作風って必要なのか。作風ってそもそもなんだ信用できるのかそんなもの、などなど。
すべてが謎に包まれていきます。

あいまいなもの、普段見なくて済んでいる何か、、、を捕まえる作業とは、
頭がおかしくなりそうな行為です。
考えすぎて、不自由な作品まみれになりそうなことに、1番怯えております。
というわけで、まだまだ迷走中。
スタートラインに立てる日が来ることを願いつつ、
まずは自分の手を信じてつくっていこうと思います。






コメント
コメントする