2011.03.15 Tuesday
祈る、考える、嘘をつかずにできることで。
自分たちを含め、家族、友人知人、いまのところ確認できている範囲で大きな事故に遭った人はおらず、すこしだけ、すこしだけほっとしております。dropも北海道、東京2ヶ所でそれぞれの場所で別々に過ごしてはおりますが、事故や怪我などなく双方無事に過ごせております。とくに、北海道に移ったことで周囲からご心配のお声を頂戴致しましたが、かえって北の地・私が過ごしている札幌は被害うすく、物資やライフライン面でも通常通りに近い状況です。

ここを長く見てくださっている方々、商品発送をしたことのあるお客様がた、みなさんは無事に過ごされているでしょうか?とにかくこれ以上の甚大な被害に遭う事のないよう、お祈りを申し上げます。

報道を見ていると何事も被らなかった者ですら本当に胸が潰れそうになりますが、だからこそ、生きてて、安全で、屋根がある場所で家族としっかり同じ場所で過ごせる幸運を噛み締めなくては、と思う。そして、その次には今出来ることはないか考えなくてはいけないな、と思う。

依然いろいろな情報が交錯しており、そして放射能汚染に対するあいまいで事なかれな情報に苛立ったり怖さを感じたりするけれど、思う事はといえば、まずは顔の見える人たちの安全を確認し無事を祈り続ける事、余裕のある者は物事を無理に動かそうとせず、エネルギーや力を本当に必要な地にまわすことなのだろうかなどと思う。
今いる場所からできること、可能な手助け、たとえばそれがボランティアだとか現地に出向く、
というような実務や知識が必要なことでないとしても、つくること、コミュニケーションをつなぐ事、、、つまり自分たちが普段から考えている事、使っている技術面から何かお手伝いができないものかとdropも離れた札幌、東京間でそれぞれに考え、模索し続けています。

こういうとき、楽しい気持ちになったり、前向きに何かを考えるための手だてを不謹慎だから、不幸なひともいるから、と遠ざけすぎて考えないのもどうかと我らは思っています。水や食料や医療の次に、誰かの心のよりどころになることを考えなくては。あたたかいものを目の前に差し出したい、できることで、嘘の無い何かを伝えたい、と思う。

-----------------------------------------------------
災害関連ざっくりいろいろ 01

■被災地じゃないのに買い占めはやめよう!
電気や暖房、ガソリンだけでなく食糧品や水、米を買い占めに走る光景が
被災地以外でも出て来ているようです。実際驚く程、身近でも見かけます。
とにかく普通に過ごせているのに、困っている人の分まで横取りするのはやめたい。恥ずかしい。やめましょう。店も開いているし、政府の備蓄だってあります。
あおられたり、あおったりは無駄だと思う。
被災地に余計な負担をかけるのをみんなでやめましょう!!

■避難所、給水所、炊き出し場所の情報
Google 避難所
給水、炊き出し場所一覧(コミュニティーによる情報)
炊き出し My マップ(コミュニティーによる情報)

■SAVE JAPAN!
http://savejapan.simone-inc.com/
→ネットや携帯が繋がる、、、という条件つきではありますが、連絡がとれないひとのお名前を入れるとネット上から情報を吸い上げ、知らせてくれるそうです。
ページ下にスクロールすると出てくる「人を探している」で名前を入力すると検索できるそう。安否確認の手段のひとつに!検索慣れしている若者は、お年寄りの代行をしてあげたりしてもいい気が。
災害に関するページへのリンクも豊富です。
| study | - |