2011.11.30 Wednesday
北の街かどに。


たくさんのファンに惜しまれながら秋田での営業を終え、
この秋から札幌へと移転して来た石田珈琲店が雪降る11月21日に静かに開店しました。
あああ、嬉しい。

我らが住む札幌は、珈琲偏差値が全国でもトップクラスに高い街です。
それゆえ、そこかしこに自家焙煎の珈琲店や喫茶店はあれども、
珈琲の味の好みって本当に人によるので、
おすすめというのは実際のところなかなか難しい。
でも、石田珈琲店は玄人にも初心者にも自信を持っておすすめしたい!
何故かというと美味しさをマシンやドリップなどのいれかたに頼ることなく、
珈琲豆の焙煎で安定した美味しさを引き出すことで
誰が入れても美味しくなる豆の味を追求し続けている姿をひっそり見て来たから。
それでいて、珈琲の奥深さや哲学めいたものだけを押し出す事無く、
暮らしの中で珈琲を気軽に楽しんでもらうためのいろいろなしかけを
こつこつと提案し続けてくれるバランス感覚もいいなあ、
ほんとうにいい珈琲屋さんだなーと思うのです。
彼らが目指しているのは、常に毎日の積み重ねを大事にする、
気づいたら昔からそこにあったような、珈琲屋。
それこそ街かどにあって欲しい、通いたくなる珈琲屋さんだと思います。

数年前に、旅の途中で立ち寄った美味しい珈琲屋さんが、
なんとご近所にやって来た、というのはものすごーくウレシイ。うひひ。
あつかましくも、移転葉書やショップカード、ギフトタグ、
HPなどのオープンツールをdropで担当させて頂いています。
あたらしいロゴの顔となった「ラッパから珈琲豆を吹くあらいぐま」を描いてくれたのは、佐藤しおりさん。
札幌に住む奇才のイラストレーターさんです。
この新しいあらいぐま氏には、今後たくさん活躍してもらう予定。
北国だけではなく、全国津々浦々のファンのみなさん、
ぜひとも新しいお店を目指して札幌へいらしてくださいね。
開店したばかりでまだ喫茶営業は準備中ですが、
12月中旬ごろには珈琲豆の販売に加えて喫茶室も営業をスタート、
珈琲と共にまたあの美味しいお菓子や、もしかするとパンも食べられるようですよ!
お知らせを心待ちにしつつ、さて、dropも石田珈琲店グッズを試作試作、、、
年末年始にもらってうれしい、とあるラッピンググッズを作成中、、、、
そちらも併せてどうぞお楽しみに。


| Recommend | - |