2012.04.29 Sunday
ブラシ的なるもの



我らdrop aroundが住むエゾの街・札幌は、
一度住んだらなかなか出て行けぬほどにちょうど良く緑豊かで住みよい
いい街でありますが、あまり「いいブラシ」には出会えない街です。
いいブラシが売られてる街、店、という基準もよくわかりませんが、
とにかくそこだけはかなり不満に思っています。
なぜならば私はとにかくブラシ的なものがすき。
雑貨屋さんとか道具屋さんとかに行く度に、
吸い寄せられるようにブラシを手にしていることが多く、
おかげで自宅には既にいくつかのブラシがあるにもかかわらず、
でもまた買ってしまうブラシ的なるものよ。なんでなの。
ねこのようにふさっとしているのがいいのか。いや、固いのもあるけど。

先日の出張先でも、吸い寄せられるようにまたブラシを買ってしまい、
引越の際にリニューアル&リセットしたはずのブラコレがまた増えました。
実はほうきも好きなんですが、でかい系に手を出すと家族に叱られそうで、
1m以下のものしか、、、ああ、あこがれの巨大ほうき(魔女宅なやつ)。

余談ですが、ベルリン、ロンドン、サンフランシスコ、ブタペスト、東京、神戸、は
いいブラシが売っている確率が高い6大都市であると思う。うむうむ。
ブラシ好きのわたしが各国各街のホームセンターやスーパー、
道具屋を徘徊して検証済み。
ついでに、東京ではここに行くといいブラシが!というお店としてあらたに

Found MUJI 青山(無印のギャラリー付きコンセプトショップ)
The Tastemakers & co.

をブックマークしました。
Found MUJI 青山のはドイツの工房のもの、The Tastemakers & co.
のものはたしかアメリカ。
ということで、上の検証もあながち的外れではない、、ほらねほらね、
とひそかに納得の気分でこの2つのお店をあとに。

さて、新入りのブラシの用途については、ただいま検討中。
このブラシ愛を掃除かなんかでもって、清く正しく消化したいと思います。
| Recommend | - |