2012.05.10 Thursday
北の土偶




JRの駅で、ポスターを見かけて気になっていた「北の土偶」展。
けっこう前に見て来たのですが、地味ながらなかなか良かった。

土偶界のスター「中空土偶」さんを生で見られるらしいぜ!
と喜んで実家の父母まで誘って行ったものの、公開してから日が経っていたので、
ホンモノではなく精密なレプリカへと交代されていました。がーん。
さすが国宝。
北海道では初の、そして唯一の国宝だそうで。
歴史が浅いから?(エゾは民藝の採集地からもはずされている外国扱いです)。

遺跡、土偶、土器などなど、わりと好きで、
いそいそと青森の三内丸山遺跡も見に行ったこともあります。
あちらはすんごい規模と収集量だったなー。楽しい思い出、、、。

そんな親の好みなど完全に無視、うちの赤子はんは全く土偶に興味がなかったようで、
展示室に入って3秒で寝ていました。
その後、展示室を出たとたんに起きる、というはっきりした態度も印象的。
唯一喜んでいたのが、入り口の「記念写真」コーナー。
さらに売店のおばちゃん達に笑顔を振りまき、キャーキャー可愛がられ褒められご満悦。
間違った展示鑑賞の楽しみ方だけど、まあいいか。
0歳児で中空土偶に食いつくほうがおかしいか。
うちの父さんだけが、えらく喜んでおりました(←ただいま紙粘土工作に夢中のため)。
北海道開拓記念館も懐かしかったなー。
中空土偶も良いですが、右のひとももよっとしてて良い。