2013.06.12 Wednesday
庭7割





やっとこ冬が終わり、肌寒い春を越えて、
心待ちにしていた庭仕事ができるシーズン到来です。
ああ、寒い春だった。ほんとに春だったのかしら。
いやいや、これからやっと嬉しい夏、
気持ちのよいシーズンがやってくるのだから、
寒かった記憶は置いておいて、エイヤーと気合い十分でこれからを楽しまねば。


さて。
いまのdrop一家の住まいは、築うんじゅうねん、の中途半端な古さの、
これまた中途半端に豪華で広い(暖炉があるからくり屋敷的9LDK)一軒家なのですが、
ここを借りることにした1番の決め手は庭、でした。
決め手の詳細は庭7割、家本体2割、のこる1割が車庫付きだったことによります。

以前の住まいは、北海道の気候が配慮された断熱性抜群のマンション。
収納もたっぷりで、電車、地下鉄ともにアクセスがよいことから、
小さな子のいるファミリー世帯としてはもう少し長く居てもよかったはずが、
なぜかいわくがいっぱいついたボロ家に好き好んで越してしまったのでした。
(いま考えても、ばかだった、、、ような、、、ああ)
家に関しては一冬だけでも、いろいろ大変な目にあってへとへとになりましたが、
雪がとけて、顔をみせはじめた庭は、
もうもうに草が伸びて、剪定されず荒れた庭だった引越前の状態から比べると、
昨年実家の両親を巻き込んで手入れをはじめたおかげで、
今年ずいぶんイキイキして見えます。

内見の時の写真を見ると、木や草が覆い茂りすぎて玄関まで行くのに、
鎌を持っていかないと入れない、、とかいう状態だったのが、
どこに何が生えているか、ちゃんと把握できるようになり、
去年思い切って間引いたおかげで、あらたに芽吹いてきた植物もいくつか。
そして、先住植物たちのはしっこに土をいれて、食べられる野菜の種蒔きもして、
「愛でる庭」から「食べられる庭」がすこしずつ加わりつつあります。
家の横には葉もの野菜、玄関正面の広場は正方形に囲って、
茄子やトマト、ハーブも植えてコンパニオンプランツ実験中。
十勝千年の森のガーデンデザインを手がけた、
ダン・ピアソンが作った庭のようにしたいと思って手入れをはじめたはずが、
なかなかそんな風にシャレた庭にはならず(なりようがなく)、
バラのよこにキュウリ、あじさいのよこにキャベツ、、とか
どんどんおかしなビジュアルになってきていますが。
しかしまあ、ポンコツ家庭内実験を繰り返して、
小さな自給を積み上げよう!という目標にまた1歩近づいてきた気もします。
だから、やっぱりここに越して来てよかった、ということにしておきます。

お天気のよい朝、庭仕事をしていると、
もともとこの家に住んでいたおばあちゃん(大家さんのお母さん)が植えたのであろう
チューリップや水仙の球根が土の中からごろごろ出て来たりして、
見えない文通をしているようで、ちょっと面白い。
おばあちゃんは花が好きで、庭仕事も大好きだったようなので、
我らが作っている庭を見たらどう思うだろうなあ、、
チューリップや水仙が、トマトやきゅうりに変わっちゃってとほほと思っているかしら、
なんて考えながらもやんややんやとにぎやかな庭に今日も水を撒く。
おばあちゃんが大事にしてきた庭、
我らが代わって、楽しんで愛したいと思います。






| DIY | - |